スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積み木

20101019Dan10-0015_20101217232139.jpg10M25D

積み木はその名の通り「積むため」にあるおもちゃだ。
しかし、積み木遊びは積むことではなく「壊すこと」から始まる。

知らない間に高く積み上げられた積み木を見つけるとダンは、にや~っという笑顔をする。
そして、ものすごいスピードのはいはいで近づいてきて積み木の前に座る。

しかし、なぜだかすぐには壊さない。
しばらく作品を眺め、作成者の顔をちらちら見ながらためた後、ガシャーンと一撃のもとに積み木を崩す。
崩すことが面白いのかと思いきや、崩れた積み木を前にするとやや残念そうな顔をする。
少ししてからやっと笑う。

一方、「積んでごらん」と促しても自分で積み木を積もうとする気配は一切ない。
その辺にあったふたつの積み木をカチカチ言わせて遊んだり、口に入れて舐めたり…。

積み木を崩すことは0歳児にもできるのに、積めるようになるには時間がかかる。

「破壊は創造より易し」とは道徳の教科書にでも載せられそうな話だ。
かつて「積み木崩し」という流行り言葉もあった。


積み木は積む人の個性が出る。

ひたすら高く積もうとする人
壁のように平面を作って積む人
大きさの違う積み木を縦横に組んでわけのわからない物体を作る人
積み木の箱にある積み方を真似する人

シンプルなものほど個性を映し出す。

色とりどりの積み木の散らかっている部屋はちょっとだけかわいい。
ダンが寝てしまった後、突然しいんとなったリビングに色んな色や形の積み木が散らばっているのを見ると何だか幸せな気持ちがする。


20101019Dan10-0016_20101217232430.jpg10M25D
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

rarappina

Author:rarappina
一応、医者。
時々、社会学っぽく、ゆるい考えをめぐらしてみたり。
陶芸が趣味の自称「粉名人」(時々、パンも捏ねる)。
2009年末に男児を出産し、現在は医業も粉業もお休み中。
旅からの旅への日々から子育ての旅路へ…?

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。