スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRUCKS GO!

go1.jpg7mo16d

Burbaba Burbaba
Screech!
Beep Beep
Crunch Crunch!

これはゴミ収集車の音。

夫が昨年の12月中ごろ、2週間後に産まれることになるダンにシカゴ美術館でお土産に買ってきてくれた絵本が”Trucks Go!”だ。

「英語の絵本で英才教育すると見せかけて全然違うよ。」

夫の言うとおり、この本には英語らしい英語はろくにない。
ひたすらうるさいトラックの音が書いてある。

消防車はWhee-ooo Whee-ooo、タンカーはVrrrrrrrrim!
セメント・トラックはWhirr-Whirr Chika-Chika Whirr-Whirr-Whirr!
馬を運ぶトレーラーは Shimmy Shimmy, Creek Creek, Neigh!

下手うまいトラックの絵が左のページに、その音が右のページに大きな文字で書かれている。

生後1カ月のダンにこの本を読んで聞かせると、なんだか見ているようだった。
といっても、絵の方じゃなくて何だか文字の方を見ていることが多い。

生後2カ月、明らかに喜んでいる様子が見て取れる。
本を見せるとにっこりしながら、最後まで飽きずに聞いている。

生後3カ月、本の動きや私の表情を見て笑っている。

以来、この本はダンの愛読書として我が家に君臨し、今では本を持って「ダン、TRUCKS GO!する?」というだけで両手をばたばたさせ、口をあけて喜びを示すようになった。

読み終わると本を手で持って「あーうっ!」とか「はうーっ」という犬のような雄たけび上げて、何度も私に本を読むようせがむ。

g02.jpg

この本、たぶん絵が優れているわけでも、文章が良いわけでもない。

私の読み方・・・というより、本を読んでいる私が面白いのだと思う。

素早く動かしたり、傾けたり、がたがたさせたりと私もトラックの特徴に応じて絵本を動かして読む。
タンカーのrの巻き舌は長く大げさに、消防車の音はドップラー効果さながら途中から高音に、セメント・トラックはバックさせる動作に合わせてチッカ・チッカというように、読み聞かせるうちに自然とルールができた。

ダンはきっとまだ本物のトラックと絵本のトラックを同じものとして認識する能力はない。しかし、私が絵本にあやつられるように色んな音や動きをするのを面白がっているのだろう。

米国アマゾンの書評をのぞいたら同じようなことが書いてあった。
http://www.amazon.com/Trucks-Go-Steve-Light/product-reviews/0811865428/ref=sr_1_1_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1&qid=1282025448&sr=8-1

ふつう絵本作家は子供の目線を意識して本を作るが、この作者は読み聞かせる親の方の気持ちを想像して本を作ったに違いない。なかなかニクいやつだ。

私がこの本を読むとダンは大喜びだが、夫が棒読みしてもダンはつまらなそうにしている。

私がこの本を読んでいるのを見るとダンは大喜びだが、ほかの人はあまりのうるささに呆れ果てている。

go3.jpg
スポンサーサイト
07 | 2010/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

rarappina

Author:rarappina
一応、医者。
時々、社会学っぽく、ゆるい考えをめぐらしてみたり。
陶芸が趣味の自称「粉名人」(時々、パンも捏ねる)。
2009年末に男児を出産し、現在は医業も粉業もお休み中。
旅からの旅への日々から子育ての旅路へ…?

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。